すこし悲しい話 | 怖い話まとめ【日本全国47都道府県別】

すこし悲しい話一覧

NO IMAGE

足下からの煙(新潟県)

随分前に亡くなった私の祖父が、まだ若かった頃の話だ。 祖父は一時期、新津市の役場に勤めていたことがある。 そこでは施設の警備のため、交代で職員が宿直を行う決まりとなっていた。 ある晩のこと。 祖父が宿直をしていると、事前の知らせもな...

NO IMAGE

西日の廊下で(東京都)

新卒採用されて以来、某テレビ局に勤めている佐藤英治さんは、晩秋の午後二時頃、東京都内にある本局の廊下で顔なじみのニュース記者とすれちがった。 顔なじみと言っても、あちらは三年先輩で佐藤さんは後輩。名前は峯さんという。 ニュース記者には豪...

NO IMAGE

兄の帰還(長野市)

Mさんという八十代の男性が体験した話である。 昭和十九(一九四四)年の盛夏のことだという。そのとき、Mさんは八歳だった。 ある日、Mさんは母親から隣村の乾物屋までお使いを頼まれた。距離にして十五キロメートルほどの道程を徒歩で行かなければ...

NO IMAGE

卒業旅行 自転車の旅(京都府)

高校三年の三学期、東京都品川区在住の石田隼人さんと親友の柿本真吾さんは、揃って大学に推薦入学が決まった。 「揃って」といっても進学先は別々である。二〇〇八年の春、隼人さんは京都府内の大学へ、真吾さんは都内の大学へ、それぞれ進むことになった...

NO IMAGE

録音した古いファイル(青森県)

聡子さんは現在OLをしている。彼女は高校生の頃、声優になりたかった。 今もまだ若い聡子さんの周りには、時代柄か声優志望が何人もいたそうだ。 当時聡子さんは、とにかく自分の声を録音して聞くようにしていた。 パソコンの内臓マイクに向かって...

NO IMAGE

かわいいですね(長野県)

自衛隊に入隊している友人が語ってくれた悲話である。 以前、彼は長野県の駐屯地に駐屯しており、山岳レンジャー(特殊部隊)に所属していた。 この話はその上官(A氏)の身に起こった事である。 十数年前の夕方、付近の山中において航空機事故が発...

NO IMAGE

ある交差点の花束(北海道札幌市)

厚別中央通りを真栄方面に進むと、左手に某学校が近い交差点がある。 心霊スポットと呼ばれるような場所ではないのだが、興味深い話を聞けたので、ここに記させてもらう。 石原さんは勤務先が変わり、通勤でこのルートを通るようになった。 ある交差...

NO IMAGE

『サトリ』 筑波山(茨城県つくば市)

『サトリ』 そう人は彼のことを呼んだ。 昭和もまだ始まりの頃のことである。 彼は小さい頃から誰が帰ってきているか、誰が遊びにきたかを当てていた。土が盛ってある場所に連れて行くと、その下に何が埋まっているかも当てた。 その噂を聞いて、...

NO IMAGE

魂の荷重津波の跡(宮城県仙台市若林区荒浜)

仙台で内装施工会社に勤務している高橋正さんは、二〇一一年四月のその日、市内で愛用のトラックを運転していた。 白いマツダのボンゴトラック850が高橋さんの相棒だ。 彼は会社で資材の管理を担当していて、中型の貨物自動車を二〇年以上運転してき...

NO IMAGE

首のない女(沖縄県)

朝子オバアは今年で六十歳、浦添で昔ながらの商店を営んでいる。それこそ酒から缶詰からバナナまで、置けるものは何でも置いてある。客は主として近所の同年代のおばさんたちや、仕事帰りの馴染み客、そして店の外に置いてあるガチャガチャ目当ての小学生など...

NO IMAGE

死んだ将校との恋(広島市 平和公園)

大学時代の友人、光子は広島を旅行してから、妙に韓国に興味を持ち始めた。 不思議だ。広島と韓国。関連した場所に行ったわけでもない。 「新大久保に連れて行ってくれない?」 東京の新大久保は日本のソウル。韓国街で人気の俳優や歌手の写真やグッ...

NO IMAGE

戦艦大和の亡霊(広島県呉市)

戦艦大和をご存知だろうか? 戦時中、世界最強と言われた日本の戦艦で全長263メートル、幅38・9メートル、ビルにすれば約15階にもなる高さを誇った。 昭和20年4月、アメリカ軍の総攻撃を受けて沈没。引き揚げもできず鹿児島の海に今も眠る、...