お守りの話 | 怖い話まとめ【日本全国47都道府県別】

お守りの話一覧

NO IMAGE

お守り(宮城県)

下館君と枝原君のお守りの話である。 様々な災難から身を守るために「お守り」があるが、日常において我々の命に関わるようなことが起こることは稀である。 よく祖母や祖父から「お守りが守ってくれているからだ」という話を聞かされたことがあるが、そ...

NO IMAGE

三枚のお札(大阪市住吉区)

M君という青年がタレントKさんのところに弟子入りに来た。 弟子入りが許されたM君は、実家のある奈良から大阪の住吉区にアパートを借り、お笑い芸人としての夢を追うことになった。 ところが、そのアパートの部屋に、ちょっとひっかかることがあった...

NO IMAGE

狐か人か(鳥取県)

「会いたかった死者と会えたとしても、油断したら駄目なんですよね」 春樹さんは大学生の時、親友Kを亡くした。彼は旅行先で、恋人と一緒に命を絶ってしまったのだという。 その親友Kは、大学生になった春樹さんが初めて作った友人であり、やがてお互...

NO IMAGE

手招き(東京都)

「……事故の多い場所ってあるじゃないですか。道路とか、踏切とか。僕が学生のときに住んでいたアパートの近くが、それだったんですよ」 友人に紹介して貰った小田さんは、そう言って話を切り出した。 聞くと、現在は都内にある企業で、工業デザイナー...

NO IMAGE

忖度 犬神憑きの血筋(東京都)

事情があり、名字を伏す。 タケオさんは、とある服飾メーカーでデザイン部門の部長職に就いている。 四十代前半という年齢にあって、異例ともいえるスピード出世なのだという。 「うん、でも、成り行きだよ。自分の実力だなんて思っていないから……...

NO IMAGE

守ってくれたお祖母ちゃんのおまもり(富山県)

「友だちも彼氏も、みんな笑うんですけど……そんなに変ですかねぇ、コレ」 葵さんは首を傾げながら携帯電話を私に向かって突きだした。いまとなっては希少な、ガラケーと呼ばれる種類の携帯電話である。 「変ではないと思いますよ。電池の持ちが良いの...

NO IMAGE

遺体を祀る祈りの島(広島湾 似島)

国民休暇村がある似島は、小学生では必ず学校の合宿で行く。 小学5年生の勇樹君も行くのを楽しみにしていた。 「おじいちゃん、似島に明日から行くわ」 「似島? 船で行くんか」 祖父の武雄さんは少し嫌な顔をした。 「学校の合宿じゃ」 ...

NO IMAGE

廊下の女 桃の邪気祓い(岡山県)

Lさんが都内で独り暮らしをしていた、学生時代の出来事である。 その夜も、彼女は寝つけぬままに布団の中で悶々としていた。 「ひと月ほど前から、妙な倦怠感に襲われていたんですよ」 目覚めると、湿った疲労感が身体をじっとり包んでいる。寝相を...