千葉県 | 怖い話まとめ【日本全国47都道府県別】

千葉県一覧

千葉県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

電気がビリビリ(千葉県)

千葉県の某テーマパークで、夜間警備の仕事についていたYさん。新人研修が終わって数ヶ月が経ち、仕事にもだいぶ慣れてきていた。親しい仲間もできて、仕事が面白くなってきた時期だった。 ある日、不思議な体験をした。その日はとにかく空気が違った。 ...

NO IMAGE

異常あり!(千葉県)

千葉県内のテーマパークでYさんと一緒に働いていたF君は、その後ライターとなり成功している。筆者のイベントや出版物も手伝ってくれたことがある心強い後輩だ。 「怪談の聞き取り調査の時、偶然Y君にあったんですか、日本は狭いですね」 F君は不思...

NO IMAGE

群れる人々(千葉県印西市)

現在は、フィギュアの造形師として活動しているYさんは、平成二十五年のお盆の時期、千葉県の印西市にある某巨大ホームセンターに社員として勤務していた。このホームセンターは画材関連用品の品ぞろえが豊富で、造形師の勉強も兼ねて、ここで働いていたのだ...

NO IMAGE

トラブルの理由(千葉県)

F君は、千葉県内の某テーマパークで警備員として働いていた時、他にも何度か奇妙な体験をしている。 子供向けの遊具が設置されている場所で事故が続いた。 「おかしいなぁ、なんでここばっかり事故が続くんだろう?」 「ほんとにおかしいね」 テ...

NO IMAGE

野村の話(千葉県木更津市)

私宛てに、Yという男性から一通のメールが届いた。 メールフォームからの投稿であり、差出人のアドレスは記されていない。たいへん長い文面のため、あちこち省略させてもらうが、情報についてはできるだけ正確に残しつつリライトさせていただく。 この...

NO IMAGE

走り去った少女(千葉県)

Yさんは、以前テーマパーク内の深夜警備のアルバイトを行っていた。警備員はパーク内全ての扉を開施錠出来るマスターキーを所持しており、それを紛失するとテーマパーク全体の鍵を全て交換しなければならない。また、警備員が携帯するラジオ無線機は警察も傍...

NO IMAGE

不謹慎な友人(千葉県市川市)

筆者の高校時代からの友人であるT君は、妖怪や幽霊を全く信じない。それはそれで構わないのだが、神社や仏閣に対してもあまり敬意を払わない。 「こんなもの拝んだって、効果ないよ」 T君はいつもそんなふうに冷めた物言いをする。そんな人物だが、な...

NO IMAGE

動物の魂(千葉県)

Mさんが通っていた某公立高校の校内には焼却炉があり、隣には動物の慰霊碑があった。 「なんか不気味だよね」 「なんとなく気味が悪いよね」 よく生徒たちは、そんな話をしていた。 この慰霊碑は、理科の解剖実験により命を落としたメダカやカエ...

NO IMAGE

ダルマ神社異聞、遭遇(千葉県)

「ダルマ神社」は船橋市を代表する心霊スポットだ。筆者はあまり気が進まないが、一年に一回はテレビや雑誌の取材のために行っている。 「山口さんの地元でしょう。案内してくださいよ」 そう言われて、何度テレビ関係者や編集者を現地に連れて行ったこ...

NO IMAGE

アパートの隣人(千葉県八千代市)

八千代市で「まぼろし堂」という駄菓子屋を経営しているNさんは、現在は四十代半ばの温厚な経営者だが、十代の頃は長い髪の毛を金色に染めてバンド活動に明け暮れていた。 「家を出たいなぁ」 当時所属していたバンドは、高校時代の仲間で結成したもの...

NO IMAGE

ダルマと学生狩り(千葉県)

平成十五年のダルマ神社探索の時には、不可解なことが起きている。うちのかみさんが奇妙な声を聞いたのだ。彼女の霊聴現象の始まりでもあった。 探索中に、五、六台のパトカーが一斉にやってきて、ダルマ神社を取り囲んだことがあった。 「君たち、こん...

NO IMAGE

マジシャン(千葉県八千代市)

Nさんは八千代市で「まぼろし堂」という駄菓子屋を営んでいる。敷地が大きい店で、八千代市中からお客さんが集まってくる。プロレスや演奏会など様々のイベントをやっている、なかなか攻めている駄菓子屋だ。そんなNさんのもとに数年前、不思議な男がやって...