長野県 | 怖い話まとめ【日本全国47都道府県別】

長野県一覧

長野県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

視野(長野県)

溶接工は遮光ガラスをかけて紫外線から目を守っている。 ガラスにも種類があるそうで、番号が大きくなればなるほど遮光度が高い。一般人になじみあるのは皆既日食を見るためのものだろうが、それが七~八番。鉄骨の溶接は電圧が高いため十一~十二番が適切...

NO IMAGE

広告写真その二(長野県 蓼科)

これも、ある広告撮影隊の話。 カーオーディオの広告撮影のため、長野県の蓼科に行った。 夕方近くになり、撮影中に霧が出てきた。 「それでもやっちゃおう」と、シャッタースピードを落として何枚か撮った。その時、ポラロイドも同時に撮った。 ...

NO IMAGE

ここだったか(長野県)

大阪のK高校の林間教室は長野県の野尻湖で行うことが恒例だったのだそうだ。ところがある事故があって以来、野尻湖での合宿は取り止めとなった。そしてAさんたちが二年の時、八年ぶりに野尻湖での合宿が再開されたのである。 なぜ、八年間取り止めになっ...

NO IMAGE

そんな「かわうそ」などいない!(長野県)

木村さんが小学生の頃、長野の山裾にある祖父母の家を訪れたときの話だ。 昼間、散歩に野良道を歩いていると、一匹の猫が畑を横切っていた。 淡いクリーム色の体毛に、先の黒い尻尾を揺らしたシャム猫に見えた。 猫好きの木村さんは、「チッチッ」と...

NO IMAGE

アメリカン ヒーロー(長野県)

長沼さんは夫の転勤を機に、長野から東京に移ってきた女性である。 聞くと彼女は以前、地元でとても奇妙な体験をしたのだという。 ある晩のこと、長沼さんは帰宅の途中で側溝に落ち、出られなくなってしまった。 「ぼんやり歩いていたのが悪かったん...

NO IMAGE

坊主頭の中学生(長野県)

Mさんがホームパーティ用の道具の販売のため、名古屋から長野市に行った。 その日は日帰りだったため、販売が終わるとすぐ高速に乗って名古屋へと向かった。 会社の先輩が運転していて、Mさんは助手席でうとうとしていたという。 夜の九時半頃、更...

NO IMAGE

誘導する声(長野県)

長野県 M・D 男 42歳 自営業 私達夫婦の趣味は山登りです。 山に登る事だけではなく、山菜を摂りに行ったり、キャンプをしたりといった山でのアウトドア全般が趣味と言ったほうが良いかもしれません。この話は、そんな山の中で遭遇した不思議な...

NO IMAGE

ないはずの山の畑(長野県)

十年ほど前のことだそうだ。 名古屋のOA機器の会社に勤めるAさんが、新潟へ出張することになった。 出張は月曜日からなので、どうせなら土日の休みをどこかの温泉地で過ごそうと、友人を連れて、Aさん自慢の四輪駆動車で出かけたのである。 高速...

NO IMAGE

旧い記憶(長野県松本市)

この話はネタの提供者である私の友人A君が、過去に自身のブログにアップしたことがあるそうなので、すでに知っているという方もおられるかもしれない。 最初にA君からこの話を聞いたのは、二年前の八月の猛暑の最さ中なかだった。 効きの悪い、冷房の...

NO IMAGE

頑固オヤジの店(長野県)

長野県に住むAさんの話である。 Aさんの地元にジンギスカンの美味しい店があるという。 小ぢんまりとした店だが、口コミを中心に人気が出て、常に客足が絶えないそうだ。 オーナーは四十代半ばの偏屈を絵に描いたような男で、客を客と思わない横柄...

NO IMAGE

旅館の枕(長野県)

六十代の主婦Sさんの話である。 五年前、信州白馬の旅館にひとりで泊まったときのことだという。 旅の疲れで夕食後すぐに眠くなり、布団でうつらうつらしていると、どこからか声が聞こえてくる。部屋の外で誰かが喋っているのかと思ったが、どうもそう...

NO IMAGE

ほくろの男(長野県)

旅行会社に勤めるBさんの話である。 Bさんの母方の実家である長野県北部の山間の村では、今から三十年ほど前までは土葬が普通であったそうだ。 彼が小学二年生のとき、祖父が老衰で亡くなり、先祖代々の墓地に埋葬されることになった。深く掘られた穴...